So-net無料ブログ作成

カシューナッツアレルギー [息子]

普段食べないカシューナッツ。
家にあることは、めったにない物でした。
年に1回姑が家に遊びに来た時に、旦那と一緒に食べるために買ってくるぐらいの物。
なのに5年生になる息子が初めて口にした。
すぐに自分で異変に気付き吐こうとしたが、のどと口の中が痛くてどうしていいいか分からない様子。口の中を見ると舌が水ぶくれのようなイチゴ舌のような水ぶくれみたいな…赤く腫れている
もともと喘息を持っている子だったが、急に発作が起きた。
家にある吸入器で吸入させ喘息発作を抑え、氷で口の中を冷やし少し楽になったようだった。
15分ほどで「もう大丈夫」と言いそのまま寝たので安心したが、きっとカシューナッツのアレルギーだと思いネットで調べた。

ショック!
あまりにも無知だった自分と旦那と姑に腹がたった。
子供の頃から、ナッツは沢山食べると鼻血が出ると言われていたので、沢山食べてはいけない物、大人が食べる物だと勝手に認識していた。
だから、自分で買ってまで沢山食べようと思わなかったし好物にもならなかった。
こんなに大変なアレルギー食物だなんて思ってもいなかった。

アナフィラキシーショックだと私は判断し、「怖かったなでも治まって良かった」と思いつつ、喘息発作が又起きないように注意しながら寝ていたら…

3時間後…夜中の1時

息子が「お腹痛い!お腹痛い!」と泣き出して、はぁはぁと息も苦しそうなほどの喘息発作が起きていた。
明かりを点けてびっくり!
顔が…目の下がもっこり腫れて顔が変わっていた。

すぐに救急病院へ電話をして、カシューナッツアレルギーだと言い切って、症状を話し車で病院へ行った。(でも今思えば救急車を呼びなさいと看護士は判断すべきだったじゃないかと思う)
最初に診てくれた先生がカシューナッツアナフィラキシーに詳しい先生だったようで、すぐに適切な処置をしてくれた。
息子は全身に蕁麻疹(赤く盛り上がったミミズバレのような)が出た。
血圧が下がらないように、喘息発作がひどくならないように、蕁麻疹がひどくならないように。
祈る気持ちで救急外来が終わる午前7時を待った。
蕁麻疹が良くならない。
7時過ぎ第二救急外来に救急車で転送された。

息子は薬が効いていたたため、意識がなくなったぐらいの深い眠りについていた。
このまま起きないんじゃないかと思った。
3人目の第二救急外来の先生もアナフィラキシーショックに詳しい先生だった。
っと言うのも2人目の先生は全然詳しくない先生だったので、息子の症状(蕁麻疹の出方)を診てあたふたしていて、心配だった。担当代えてと言いたかった。

第二救急病院で深い眠りについている間に、蕁麻疹がうそのように消えた。
もっこりしていた皮膚も元の様にきれいになっていた。
そこで初めて安心した。良かった。直ったんだ。

昼過ぎに点滴も外していいと言われ帰って来た。
沢山アナフィラキシーショックに詳しい2人の先生に脅された。
今後知らずにカシューナッツを食べてしまった時には、又同じ状態になり症状はもっとひどくなるでしょう。命にかかわる状態になるので、皮下注射を持ち歩くことをお勧めします。
なんてこった。

食べなかったらならなかったけど、食べなかったら分からなかった。
なんてひどい話だろう。
誰が悪い訳でもないけど、こういう情報こそがもっと話題になるべき話じゃないのか。
カシューナッツはどこでも売っているんだ。
いつでも誰でも手に入るんだ。

そばアレルギーのように、誰もが知っている常識になるべきだっと思う。
って知らなかったのは私だけっと思ったけど、旦那と姑はじめ私の周りの人は、病院関係者以外は知らなかった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。